トップページ
私鉄ローカル線
page 1 2 3
タイトル


 
筑波付近を走る
筑波付近を行く。廃止間近の筑波鉄道時代。 1987.3


-- 筑波山のふもとを走る長大路線 --

 関東鉄道筑波線は、常磐線の土浦駅から筑波山のふもとを通り、水戸線の岩瀬駅に向かう40.1キロの路線だった。
  1918年に筑波鉄道として開業し、1940年には常総鉄道(現在の関東鉄道常総線)と合併して常総筑波鉄道の筑波線となり、さらに1965年に鹿島参宮鉄道(鉾田線、竜ヶ崎線)と合併して関東鉄道となった。かつては筑波山の観光客で賑わい、国鉄からの乗り入れ列車も設定されたが、徐々に乗客は減少を続け、1979年には関東鉄道と切り離されて、再び筑波鉄道として再出発。しかし、残念なことに1987年には全線が廃止されてしまった。
  この路線を訪ねたのは、関東鉄道時代の1970年代に2回、そして廃止間際の1987年に1回である。同じ茨城県を走り、やはり常磐線と水戸線を結ぶ形となっている常総線が、行くたびに姿を変えていくのにくらべて、筑波線の沿線は最後まであまり変わることがなかった。
 もし、つくばエクスプレスが開通するまで生き残っていたら、少しは乗客も増えていたのかも、と思うと残念でならない。

訪問:1974年3月、1976年4月、1987年3月

関東鉄道筑波線路線図

土浦駅

土浦駅は常磐線のホームと共用。1番線から発着していた。現在は、1番線乗り場がなくなり、当時の2番線(このホームの右側)が1番線になっている。
キハ301の前面には、廃止を告知するヘッドマークがついている。

1987.3


関東鉄道筑波線時代。真鍋付近を走る2両編成。先頭はキハ762。2両目はキハ500形と思われる。

1974.3

真鍋付近を走る2両編成

真鍋信号場

真鍋信号場(旧真鍋駅)に停車中の回送列車キハ762。この右側に真鍋機関区がある。このときすでに真鍋駅は営業をしておらず、すぐ近くに設置された新土浦駅が最寄り駅となっていた。

1974.3


元・国鉄キハ04のキハ462。遠州鉄道、北陸鉄道を経てやってきた。このタイプの車両は、関東鉄道各線のどこに行っても見ることができた。

1974.3

キハ462

整備中のキハ462

戦前型の機械式気動車の生き残りとして価値が認められ、同型のキハ461が大宮にある鉄道博物館に保存されている。

1974.3



 



page 1 2 3

次ページへ ▼

■「よろず話」トップページに戻る | 「私鉄ローカル線」表紙に戻る■