トップページ
東京 -昭和の記憶-
page 1 2 3

 
タイトル「旧東海道 品川宿」 
新馬場駅北口に通じる商店街


旧東海道をちょっと右折。新馬場駅北口に通じる脇道に入る。このゲートは、道路に斜めに立っていたのが不思議だったが、立て替えられたようだ。商店街の名前も変わった。

1983.7(2009.2)


上のゲートから旧東海道を振り返ったところ。富士マートの前を横に走る道が旧東海道。
富士マートは建て替えられて、「やまのて青果」となっていた。

1983.7(2009.2)

新馬場駅北口通り

日夜山正徳寺

ゲートをくぐって新馬場駅北口方面に進むと、日夜山正徳寺という小さな寺がある。このあたりには、本当に寺が多い。 

1983.7(2009.2)


正徳寺の並びにある商店街。子どもたちがたむろしていたおもちゃ屋は、薬局に変わっていた。

1983.7(2009.2)

おもちゃ屋の店先

目黒川にかかる品川橋

さて、旧東海道に戻って南下を続けよう。これは、目黒川にかかる品川橋。歩道のない危なっかしい橋は整備され、立派な欄干がついた。右手に見えるマンションは、大規模修繕が終わったのだろう。外壁がすっかりきれいになった。

1983.9(2009.2)


目黒川を渡ると住所は南品川一丁目。看板建築の商家が並ぶ。手前左にちらりと見える和菓子店の伊勢屋は健在。

1983.7(2009.2)

南品川1丁目の看板建築

 

▲ 前ページへ

page 1 2 3

次ページへ ▼


■「よろず話」トップページに戻る  | 「東京 -昭和の記憶-」表紙に戻る■

iPhone/iPadアプリ『timetours』 このページの写真を含む今昔の比較写真は、iPhone/iPadの今昔地図アプリ『Timetours』のライブラリ「プライムギャラリー/東京南西エリア(48地点)」に収められています。
アプリ、データとも無料!
地図と対照しながら大サイズで楽しめます!