トップページ
時刻表にない鉄道

タイトル



参考: 「青森県管内図」(昭和29年7月1日改訂 有限会社 交洋社)
「トワイライトゾーンマニュアル2」(ネコ・パブリッシング)



上の地図の青い四角で囲まれた部分、または地名の部分をクリックしてください。
もし、何も変化しないときは、この下にあるリンクをクリックしてください。

瀬辺地蟹田浜名小泊相内金木

訪問日: 1977年10月,1983年8月


 各種の資料によれば、かつての津軽半島には網の目のように森林鉄道が走っていたことがわかる。
毎日毎日、あちこちの川筋や海岸線を小さな列車が走っていたことを想像すると、まさに「森林鉄道の桃源郷」のようなものに思えてくる。そんな、古きよき時代の、ほんの尻尾だけでもつかもうと、津軽半島に足を運んだのである。
 しかし、正直なところ、相手はあまりにも大きすぎて、尻尾どころか、その先の毛一本だけに触れた程度の結果に終わってしまった。
 もし、同好の士で、津軽森林鉄道を研究なさった方がいたら、ぜひともホームページで発表していただきたい。


 



■「よろず話」トップページに戻る | 「時刻表にない鉄道」表紙に戻る■