トップページ
時刻表にない鉄道
津軽半島の森林鉄道

タイトル
人車の車体?

 金木(かなぎ)はどんな町かと尋ねられたら、たいていの人は太宰治の生家がある町と答えることだろう。「ああ、営林署のあるところだね」などと答える人は、林業関係者でなかったら、相当の森林鉄道病患者に違いない。
 で、私はといえば、津軽鉄道の金木駅に着くと、駅の近くにあった地図でまっさきに営林署と貯木場の位置を確かめて、脇目もふらずにそこに向かって歩いて行ったのである。すると、なんとそこには……。


運材台車  まず目に入ったのは運材用の貨車であった。
 津軽半島をぐるっとまわって見つからなかったものを、最後の最後で見ることができた。



 例によって誰もいないのをいいことに、近くをうろうろしていると、人車のなれの果てらしき木造の物体が見えた。一番上の写真は、これの反対側から撮ったものである。
 「日が暮れる前に急いで来てよかった」としみじみと思ったものであった。
人車?



岩木山

 その日は小雨模様。しかも金木駅に着いたのは夕方であった。営林署の近くでは、そんな寒々しい雰囲気のなかを、家に帰る勤め人や学生が急ぎ足で歩いている。その一方で、私はといえば、わけのわからない貨車や人車のなれの果てを写しているというわけで、しだいにわびしさがこみあげてきた。
「こんな趣味をやっている私はなんなのだろうか」などと真剣に自問自答してしまったのは、太宰の"引力"かもしれない。
 それにしても、文学部出身で文学青年であったはずの私が、太宰治の生家まで来てまっさきに営林署に行くというのも申し訳ない。帰りがけにちらりと「斜陽館」を見てきたが、写真を撮るにはもう暗すぎた。


 


[1/1ページ]

瀬辺地蟹田浜名小泊相内

▲「津軽半島の森林鉄道」の表紙へ


■「よろず話」トップページに戻る | 「時刻表にない鉄道」表紙に戻る■